1. ホーム
  2. JALスカイについて
  3. 地域とのキズナ

地域とのキズナ Communicating with the Community

私たちの目指す地域とのつながり

JALスカイは地域の方々と共に歩み、成長してまいりました。今後も社会の皆さまへの『感謝の気持ち』を胸に、地域との交流活動に積極的に参加していきます

JALグループ:CSR情報

成田ふるさとまつり

成田ふるさとまつり

毎年、夏に行われる成田市内の夏祭り「成田ふるさとまつり」
このお祭りでは成田ニュータウン一帯に神輿や屋台がならび、お祭り気分が楽しめます!
JALスカイ社員は、当イベントに出品する物品提供の社内での呼びかけ、物品整理、出店などで参加しています。毎年多くの社員が参加し、地域の皆さまと交流を楽しんでいます。またバザーの売上金を援助金として寄付しています。

成田祇園祭

成田祇園祭

成田祇園祭は、成田に夏の訪れを告げる毎年約45万人の見物客が訪れる成田の一大イベントです。見事な彫刻や装飾で彩られた10台の山車・屋台と御輿1台が繰り出し、3日間にわたって成田山表参道やその周辺一帯を巡行します。
JALスカイ社員は、成田地区のJALグループ各社社員とともに、引手応援と警備応援に参加しています。引手の応援では、揃いの法被で威勢よく掛け声を合わせて山車を引きます。夕刻からは、観光客と山車引手の安全を守る警備応援も行っております。社員同士はもちろん、地域の皆さまとの繋がりがより一層強くなる行事です。

富里スイカロードレース

富里スイカロードレース

毎年6月末に千葉県富里市で開催されている「富里スイカロードレース」。このレースの目玉は『給スイカ所』!マラソンコースの給水所には、甘くておいしい富里スイカが並び、乾いた喉をスイカで潤しながら走る大人気のレースです。
JALスカイ社員はJALグループの一員として、運営ボランティアを行っています。給スイカ所はもちろんですが、手荷物預かり所では空港ハンドリングのスキルが発揮できると、富里市からも評価いただいています。

羽田神社祭り

羽田神社祭り

7月最終の土日には羽田神社で「羽田神社祭り」が行われます。
このお祭りの神輿パレードでは、14町会14基のお神輿がヨコタという独特な担ぎ方が行われ、三万人を超す見物客が訪れる大変賑やかなお祭りです。
JALスカイ社員は、羽田空港が羽田神社の氏子にあたるため、整備やグランドハンドリングスタッフなど多くのJALグループ社員と共に参加しています。沿道では神輿を見物される方へうちわなどを配り、地域の皆さまに日頃の感謝をお伝えしています。

空の日イベント

空の日イベント

飛行機好きの方には絶対に見逃せない空の日イベント。この日は「空の日」を記念し、空港各所で航空教室や折り紙ヒコーキ教室など、さまざまな空にまつわるイベントが開催されます。
JALスカイ社員はJALグループの一員として、客室乗務員たちと共にダンスを披露させていただきました。ダンス経験がある社員が有志で集まり、キレのあるダンスを披露し、多くのお客さまからたくさんの歓声をいただきました。

節分祭

節分祭

毎年2月3日は穴守稲荷神社・羽田神社、両神社で節分祭が行われています。
奉仕の年男、年女が「福は内!鬼は外」との掛け声とともに、境内の特設舞台から豆を撒く伝統行事です。
JALスカイ社員もこの日ばかりは見慣れた制服姿ではなく、巫女装束姿となり、客室乗務員らと共に豆まきに参加しております。