手荷物サービス

お客さまの大切なお手荷物をお客さまのもとへ

お客さまのお手荷物が未着となった場合に捜索・通関・配送を行ったり、お手荷物が破損・盗難に遭われた場合に、修理・保障・賠償などを行う仕事です。

成田空港国際線

到着エリアが私たちの仕事場です。
手荷物ターンテーブルがある税関構内はBC(Baggage Claim Area)と呼ばれています。手荷物の取り降ろし担当者と連携をはかり、お客さまのお手荷物をスムーズに返却できるよう手配します。

お客さまがお預けになられたお手荷物が、ご搭乗された同じ便で届かないことがあります。その際は、他空港からお手荷物に関する情報が入っていないか、別の空港に届いていないか、他のお客さまが間違って引き取っていないか等あらゆる可能性を考え、手荷物捜索システムを使ってお手荷物の捜索をしています。

手荷物トラブルのあったお客さまからのお電話にはできるだけ親身になって考え、お客さまに寄り添った対応ができるよう心掛けています。

お手荷物に破損があった際には、お客さまにお詫びをするとともに、破損箇所や破損状況の確認を行い、速やかに必要書類の作成をします。

作成した書類をもとにお客さまに今後の手続きの流れを説明し、修理や保険のご案内をします。不安を抱えたままご帰宅されないよう、ご不明な点はないかお客さまのご様子を伺いながら丁寧な対応を心がけています。

修理中は、必要に応じて代替となる鞄をお貸し出しすることもあります。なるべくお客さまのご要望にお応えできるよう、豊富な種類を取り揃えております。

ご迷惑をおかけしたことに対するお詫びと、ご搭乗への感謝の気持ちをお伝えし、心を込めてお見送りをします。

機内でのお忘れものも、私たちが一定期間大切に保管しています。海外空港を含め、可能性のあるあらゆるポイントに問い合わせを行い、少しでも早くお客さまのお手元へお返しできるよう努めております。
その他にも、引き取り手のない手荷物の持ち主を探す業務や、到着した手荷物の代理通関をする業務など、さまざまな仕事があります。
どの業務においても、少しでもお客さまのお役に立てるよう最善を尽くします。

インタビュー

小原 美咲 (Misaki Ohara)
メインベースコース 2014年入社
JALスカイ 成田事業所空港
オペレーション第2部
トラフィックグループ所属

<お手荷物を通じてお客さまにかける想い>

手荷物サービスでは、お客さまとの接客以外に、電話やメールなどお客さまを含め世界中の航空会社とやり取りを行う場面があり、対応力が必要とされるため、社会人として成長できる業務だと感じております。

接客では、到着してお疲れのご様子のお客さまの心労を汲み取りながら、迅速かつ丁寧に対応するよう心がけています。

一方、オフィスでは、手荷物捜索システムや電話等を使って世界中の航空会社とやり取りを行っており、常にグローバルな環境で業務に励んでおります。
お手荷物のトラブルにより、ご不便をおかけしているお客さまだからこそ、より親身にお話をお伺いし、ご希望に添えられた時には大きなやりがいや手応えを感じます。
また、職場は大変アットホームな雰囲気で、些細なことでも報告・連絡・相談をタイムリーに行い、連携して円滑な仕事が行えています。

私たちはシフト勤務のため、毎日担当者が代わりますが、どのスタッフが対応しても変わらない品質で対応が出来るよう、プロとしての誇りを持って働いています。