カウンター

お客さまを最初にお迎えする『航空会社・空港の顔』として

旅の始まりであるご搭乗手続き(チェックイン)をお手伝いするのが、チェックインカウンターでの仕事です。
航空会社の顔・空港の顔として働いています。

成田空港国際線

国際線チェックインカウンターです。
成田発JALグループ国際線の全路線のチェックインを行っています。

自動チェックイン機の前でお客さまをお迎えし、スムーズにチェックインができるようサポートします。

お客さまのパスポート、航空券やeチケットの控えをお預かりし、渡航先の国々のビザの必要性やパスポートの有効期限などを確認します。

手荷物カウンターでは、お預かりするお手荷物の中に危険物・壊れやすいもの・貴重品などが入っていないか、お手荷物の重さが規程範囲内であるか、乗り継ぎがあるかなどを確認します。

さまざまな種類のバゲージタグを用途によって使い分けています。

カウンターはクラス別の専用カウンターや、特別なお手伝いを必要とするお客さまのためのサポートカウンターなどがあります。また、成田空港ではJALパックカウンターでの受付とご案内も行っています。

お客さまを笑顔でお迎えいたします。いつも日本航空をご利用いただいているお客さまへ感謝の気持ちを込めて対応します。

JALサポートカウンターでは、妊娠中のお客さまや1人で旅をされるお子さま、赤ちゃん連れのお客さまなど、お手伝いの必要なお客さまが安心して旅ができるようサポートします。車椅子を必要とされるお客さまへは、さまざまなタイプの中からお客さまに合うタイプの車椅子をご用意します。

お客さまからのあらゆるお問い合わせに対応しています。

インタビュー

神崎 繭子 (Mayuko Kanzaki)
メインベースコース 2006年入社
成田事業所空港オペレーション第3部
JALチェックイングループ所属

<カウンター業務で心掛けていること>

朝7時のカウンターOPENと同時にスタッフはカウンターに整列し、アナウンスと共にチェックインカウンターにお越し頂いたお客さまに、歓迎の気持ちを込めて一礼します。今日はどんなお客さまに出会えるのだろう、という期待に胸を膨らませながら、一番身の引き締まる瞬間でもあります。

私はそんな瞬間に立ち会えることに誇りを持ち、JALグループの顔として常に明るく前向きな姿勢でお客さまと接することを心掛けています。

ご家族連れの方の席が並べておらず、満席などの理由でカウンターではすぐに代替席をご案内できない場合があります。そのような時は、お客さまには一旦搭乗口やラウンジへお進み頂き、席をコントロールしている担当者と連携して代替案を考えます。調整の結果、並びの席がご用意できた際には、搭乗口やラウンジ担当者から伝えてもらいます。お客さまのご意向に添えた時は、充実感と安堵感に満たされます。

常に『最高のバトンタッチ』ができるよう仲間と心をひとつにし、お客さまの気持ちに寄り添ったサービスを目指しています。