トラフィック

カウンター、デスクなど、仲間からのバトンを飛行機へ

ご出発されるお客さまをお見送りし、到着されたお客さまをお迎えし、乗り継ぎのお客さまのお手伝いをします。
飛行機に近い場所でお客さまへ安全で快適な空の旅を提供しています。

出発

搭乗口でお客さまを機内にご案内する業務です。
安全に、定時に出発できるよう責任感をもち、運航乗務員・客室乗務員・たくさんの仲間とのチームワークを大切にしながら、お客さまに安心して出発していただけるよう心がけます。

例:羽田空港国際線

搭乗予定時刻の確認や、お客さまの情報など事前に客室乗務員や他部署の方と打ち合わせをします。

搭乗開始の準備が整ったら、アナウンスで搭乗開始をお伝えします。お客さまが聞き取りやすいよう、丁寧なアナウンスを心掛けています。

お手伝いの必要なお客さまなどは他のお客さまより先に搭乗のご案内をします。
どのようなお客さまがいらっしゃるか、あらかじめ確認し、頭に入れておきます。

ビジネスでご利用のお客さまや初めて海外にご出発されるお客さまなど、さまざまなお客さまがいらっしゃいます。
丁寧に、そしてスピーディに、一人ひとりのお客さまを笑顔でお迎えします。

ご案内中も無線や電話で仲間とやり取りをするので出発間際はとても忙しいです。また出発前のお客さまとの最後のタッチポイントなので、お客さまのお問い合わせのご案内、お客さまの情報や様子を確認し、安全な状態でお客さまが出発できるようにしています。

定時出発に向けチームプレイの発揮しどころです。出発間際でも、いらしていないお客さまを協力して捜索します。
チェックイン時のお客さまの情報をヒントに、行き先が同じ航空会社の搭乗口にいらっしゃらないかなど、空港中を協力して捜索します。
最後のお客さまにお会いできた時はほっとします。

お客さまの人数や引継ぎなどの最終情報を持って、『1秒でも早く飛行機を出発させたい』と、急いで飛行機へ向かい、その情報を客室乗務員に引き継ぎます。

「いってらっしゃいませ」
各部署が定時出発という同じ目標に向けて協力し合い、定刻に出発させられた時には、とてもやりがいを感じます。定時出発はJALが大事にしているサービス品質の一つです。

到着

全ての到着便をお出迎えします。
飛行機到着の際に、お手伝いが必要な方をご案内したり、乗り継ぎのご案内をすることもあります。また、関係官庁への報告のため、飛行機やお客さまの正確な情報を把握します。

例:羽田空港国際線

あらかじめ出発空港からの必要な情報と最新の到着時間を確認します。特に到着時間は、天候や風の影響で前後しますので、細目に確認します。
到着時間は天候や風の影響で前後しますので、最新の時間を細目にチェックします。

便が到着しました。客室乗務員とお客さまの人数やその他情報を確認した後、お客さまが降機します。
「ご搭乗ありがとうございました」
感謝の気持ちを持ち、お客さまをお出迎えします。

車イスをご利用のお客さまを到着口までご案内したり、機内でのお忘れ物を捜索したりとさまざまな仕事があります。
また、国内線への乗り継ぎのご案内や、到着遅延などのイレギュラーが発生した際には、複数名でお客さまのご案内をします。事前に準備していた以外に、飛行機のドアが開くまで何が起こるか分からないのも、到着便担当の特徴です。ご到着された安心感や旅の始まりを気持ちよく感じて頂けるようなご案内をできるようにしています。

インタビュー

高橋 栞 (Shiori Takahashi)
メインベースコース 2015年入社
JALスカイ 羽田事業所空港オペレーション
国際パッセンジャーサービスグループ所属

<トラフィック業務で味わえること>

トラフィック業務では、主に出発便と到着便の搭乗口での業務を担当します。

出発便ではお客さまを安全かつ定時に飛行機へご案内できるよう、チームワークを発揮することが必要不可欠です。また地上職員として、搭乗口はお客さまとの最後のタッチポイントです。お客さまからのお問い合わせや搭乗手続きの際にご案内できなかったことをお伝えし、安心して出発頂けるよう最善を尽くしています。

以前、ご妊娠中のお客さまが搭乗口にいらっしゃいました。チェックインカウンターからはご妊娠中のお客さまがいらっしゃる引き継ぎがなかったことに気付き、お客さまに本日のご体調やお手伝いできることはないかなどを伺いました。客室乗務員にもその内容を引き継ぎ、お客さまに安心して出発頂くことができました。私達の気づきが重大なことにも繋がるので、忙しい中でも気付きと責任感を感じながら仕事をしています。

また、リゾート路線やビジネス路線など、行先によって搭乗口の雰囲気に特徴があります。多くのお客さまにお会いできることは搭乗口の仕事の醍醐味だと思います。どの搭乗口でもお客さまにとって素敵な旅の始まりになるよう視野を広く持つようにしています。

たくさんのお客さまとお会いできるトラフィック業務は、お客さまから「いってきます」「ただいま」「ありがとう」というような空港ならではの声をたくさん聴くことができる仕事です。そのような声を楽しみに、今日も仲間と協力し合いながら一瞬一瞬を大切に仕事をしています。