トラフィック

カウンター、デスクなど、仲間からのバトンを飛行機へ

ご出発されるお客さまをお見送りし、到着されたお客さまをお迎えし、乗り継ぎのお客さまのお手伝いをします。
飛行機に近い場所でお客さまへ安全で快適な空の旅を提供しています。

出発

搭乗口でお客さまを機内にご案内する業務です。
安全に、定時に出発できるよう責任感をもち、運航乗務員・客室乗務員・たくさんの仲間とのチームワークを大切にしながら、お客さまに安心して出発していただけるよう心がけます。

羽田空港国際線

搭乗予定時刻の確認や、お客さまの情報など事前に客室乗務員とブリーフィングをします。

お手伝いの必要なお客さまなどは他のお客さまより先に搭乗のご案内をします。
あらかじめどのようなお客さまがいらっしゃるか頭に入れておきます。

ビジネスでご利用のお客さまや初めて海外にご出発されるお客さまなど、さまざまなお客さまがいらしゃいます。
時にスピーディに、時には丁寧に、一人一人のお客さまを笑顔でお迎えします。

ご案内中も無線や電話が入るので、出発間際はとても忙しいです!

定時出発に向けチームプレイの発揮しどころです。最後のお客さまを、想像力を働かせて協力しあって捜索し、お会いできた時はほっとします。

お客さまの人数や引継ぎなどの最終情報を持って、『1秒でも早く飛行機を出発させたい』と、急いで飛行機へ向かい、その情報を客室乗務員に引き継ぎます。

「いってらっしゃいませ」
今日は出発4便、到着2便が担当でした。
多くのお客さまにお会いできる搭乗口の仕事はやりがいを感じます。定時出発も大事な仕事の一つです。

到着

全ての到着便をお出迎えします。
飛行機到着の際に、お手伝いが必要な方をご案内したり、乗り継ぎのご案内をすることもあります。また、関係官庁への報告のため、飛行機やお客さまの正確な情報を把握します。

羽田空港国際線

あらかじめ出発空港からの必要な情報を確認します。

到着時間は天候や風の影響で前後しますので、遅れないよう十分注意をします。

到着遅延などのイレギュラーが発生した際には、複数名で担当することもあります。仲間同士での確認も十分行います。

手荷物サービスのスタッフと連絡を取り合い、機内でのお忘れ物にもすぐに対応します。

事前に準備していた以外にも、機内で急に体調を崩されたお客さまを診療所へお連れしたり、お客さまを飛行機からターミナルまでバスでご案内することがあったり色々な仕事があります。
機内で体調を崩されたお客さまが、ご到着後に回復され、「安心しました。」と感謝のお言葉をいただけたり、バスで向かう夜の滑走路がとてもきれいだったり、そんなことも味わえる業務です。

インタビュー

石見 舞 (Mai Iwami)
メインベースコース 2008年入社
JALスカイ 羽田事業所国際部第1室
国際旅客サービスグループ所属

<トラフィック業務で味わえること>

トラフィック業務では、主に出発便と到着便の搭乗口での業務を担当します。

出発便では、お客さまを安全に、かつ定時に飛行機へご案内出来る様、仲間と協力し合い、チームワークを発揮することが不可欠です。

以前、使用する飛行機が機材整備となり、搭乗開始直前にお客さまを別の搭乗口にご案内しなければならない時がありました。
そんな時は、「出発が遅れたら乗り継げなくなってしまう・・・」、「新しい飛行機は安全上問題ないのか・・・」など、さまざまなお客さまの不安を全て取り除いたうえで、出発していただかなくてはなりません。
その時、仲間と共に、お客さま一人一人の立場に立って考え、ご案内した結果、無事に安心して出発していただくことができ、この仕事を選んでよかったと仲間と共感し合うことができました。

また、到着便でも同じように、予定の時間から到着が遅れてしまった時の対応や、羽田空港からの乗り継ぎのご案内など、お客さま一人一人に寄り添った接客が求められます。
到着便が遅れてしまい、国内線の最終便に乗り継ぐ時間がとても短くなってしまった時に、お客さまのスーツケースをお運びするお手伝いをしながら、乗り継ぎの搭乗口までご案内させていただいたことで、お客さまから「ここまで一緒に来てくれてありがとう。」とおっしゃっていただき、やりがいを感じることができました。

忙しく時間が過ぎてしまうトラフィック業務の仕事ですが、お客さまに一瞬でも「よかった」「安心した」と思っていただけるように、仲間と協力し合えるところがトラフィック業務の楽しみであり、大きなやりがいだと感じています。