ステーションオペレーション

運航に関わる情報をタイムリーにパイロット、空港の仲間のもとへ

安全で快適なフライトのために

<ステーションオペレーションとは> 羽田空港・成田空港
地上から航空機への運航サポート、空港内への情報伝達
成田および羽田空港周辺を飛行している航空機のパイロットに対して、社内専用無線(カンパニー・ラジオ)やACARS(文字情報システム)を通じて、空港周辺の天候や先行便の揺れの状況を後続便に伝えるなどといった飛行援助を行っています。

また、旅客部門や整備部門、受託航空会社等の関連部署に対して、到着便の最新の予想着陸時刻の周知や、運航に影響を与える事柄(悪天候や航空機の交通状況等)について情報提供を行っています。

定時運航のために、JAL便の発着管理
出発便で使用予定の機材(航空機)が悪天候等で到着が遅れてしまうことがあります。そのような場合に出発便の遅れを最小限にするべく、代替機(代わりの航空機)を用意できるかOCCと調整したり、お客さまへのご案内内容を旅客部門と協議するなどして、JAL便の定時運航のために関係各所との調整を行っています。

有意注意で仕事にあたる
受託している外国航空会社のパイロットに対して、フライトプラン(飛行計画)をはじめ運航に必要な書類を用意してコクピットへ届け、搭載燃料の確認、特記事項の伝達といった業務も行っています。様々な国籍のパイロットとのやりとりを英語で行いますが、各社で言い回しが異なるため、時折こちらの伝えたい内容が相手に伝わりにくいことがあります。しかし、“なんとなく伝わればいいだろう…”というような妥協は決して許されません。特に運航の安全に関わる情報は過不足なく正確に伝える必要があるため、言い方を変えてみる、資料を活用する等工夫して、試行錯誤しながら相手にきちんと「伝わる」まで繰り返し説明するよう心掛けています。

<ディスパッチャーとは> 本社天王洲ビル
JALグループでは、厳しい審査を受けた運航管理者(ディスパッチャー)が東京・品川区の本社天王洲ビルにあるオペレーション・コントロールセンター(OCC)に集まっています。そこでは安全はもちろんのこと、経済的で快適な運航の実施を目的として、世界中を運航する全ての便に対して個々の「フライトプラン(飛行計画)」の作成、および各便の運航を見守っています。実際にJALスカイの社員が運航管理者の国家資格を取得後に、JALの社内審査を経てOCCにてJALの運航管理者として活躍する場合もあります。

天気図等から気象の影響を考え、どの程度航空機の揺れが予想されるか、どの高度が良いか、燃料はどのくらい必要か、機体の総重量はどの程度になるか、空港の運用状況等、運航に必要な情報を各便のパイロットに提供して地上からサポートをする仕事です。

インタビュー

中沢 峻介 (Shunsuke Nakazawa)
グローバルフィールドコース
2015年入社
JALスカイ 成田事業所
空港オペレーション第1部
ステーションオペレーショングループ所属

<ステーションオペレーション業務のやりがいと今後の目標>

空港では数々の情報が常に飛び交っており、そこでは様々な職種の沢山の人々が働いています。ステーションオペレーション業務は、航空機の運航に関わる多種多様な情報を取り扱い、必要な情報をパイロットや社内外の関連する部署へ発信するなどして航空機の安全かつ円滑な運航をサポートする、いわば“横軸”の役割を担っています。ゆえに私たちの対応が遅れたり誤ってしまうと、周りの方々へ与える影響は非常に大きく、その責任の重みを肌で感じながら緊張感を持って業務にあたっています。そして何か起こった時に、迅速かつ的確な情報収集・伝達を通して関連各所と連携を取りながら臨機応変に対応できた際には大きな達成感を得られるとともに、それをみんなで分かち合えるのもこの仕事の醍醐味です。

今後はここで培った経験も活かしつつあらゆるフィールドで様々な仕事に果敢に挑戦したいと考えております。そしてJALがお客さまから最も信頼される航空会社となるために、積み重ねた経験を糧に多角的な視点で物事を考え、JALの一翼を担える人材へと成長すべく日々の業務に真摯に取り組んで参ります。